So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

郵政法案で自見金融相「最優先で通ると確信」(産経新聞)

 国民新党の亀井静香代表の閣僚辞任を受け、後任となった同党幹事長の自見庄三郎郵政改革・金融相は11日夜、就任会見を開いた。今国会で成立が見送られた郵政改革法案について「参院選が終わった後、次の臨時国会に出すと民主党と国民新党との間で合意した。最優先で通ると確信している」と述べ、確実に成立させる考えを強調した。

 同法案をめぐっては金融機関などから「民業圧迫につながる」と根強い反発があるが、自見郵政改革相は「同一の法律を臨時国会に出すと民主党と覚書を交わした。修正することは考えていない」と明言した。

 一方、亀井氏の辞任を招いた国会の会期延長をめぐる民主党との軋轢(あつれき)を問われると、「小異を捨てて大同につくのが連立政権だ。きちっと乗り越えていけると確信している」と述べ、しこりは残らないとの見方を示した。

 自見郵政改革相は、郵政民営化法に反対して自民党を離れた「郵政造反組」の一人。昭和58年の衆院選で初当選後、第2次橋本改造内閣で郵政相を務めたが、平成17年の衆院選で“刺客”候補に敗れた。19年の参院選で国民新党にくら替えして国政復帰、昨年から同党幹事長を務めている。

【関連記事】
ボロボロだけど…勝てば“菅”軍7・11向け進撃開始
「イラ菅」炸裂 就任4日目で我慢の糸プチッ
菅首相、所信表明で「消費税視野」 鳩山前首相退陣を「勇断」と評価
直嶋経産相、亀井氏辞任で「社民党さんとは違う」
菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

哨戒艦撃沈 日米韓、今後も連携で一致(産経新聞)
新緑の雨滝に傘の花 鳥取で滝開き祭(産経新聞)
ザ・コーヴ 出演者が来日 「上映をお願いしたい」(毎日新聞)
揺れる自民 谷垣氏、意気込みと目標に乖離(産経新聞)
引き揚げ警護大隊の戦友会 あす最後の慰霊祭、40回の歴史に幕(産経新聞)

環境に配慮したベンツのSUV「ML 350 BlueTEC 4MATIC」――登山家・野口健特別仕様車も(Business Media 誠)

 メルセデス・ベンツ日本は、「Mクラス」の「ML 350 BlueTEC 4MATIC」を5月31日に発売した。クリーンディーゼルエンジンを搭載し、輸入SUVで初めて「ポスト新長期ディーゼル排出ガス規制」をクリア。仕様は、7速オートマチックで左ハンドル車のみ。価格は814万円。

【拡大画像や野口健特別仕様車の紹介画像】

 ML 350 BlueTECは、3リットルV6直噴ターボディーゼルエンジンを搭載。最高出力は211馬力、最大トルク540ニュートンメートルを発生する。低回転域から大トルクを発生するエンジン特性により、「5リットルクラスのガソリンエンジンに匹敵する力強い動力性能を実現した」という。

 燃費は、軽油1リットルあたり9.4キロ。排出ガスに尿素水溶液「AdBlue」を噴出することで化学反応(還元作用)を発生させ、有害な窒素酸化物を大幅に削減する。AdBlueは、1年ごとあるいは1万キロごとのメルセデス指定点検時に補充する。

 サイズは4790×1935×1815ミリ(全長×全幅×全高)、車両重量は2290キロ。乗車定員は5人だ。ボディカラーは、標準色のカルサイトホワイトのほか、オプションで9色を用意する。

 また、7台限定で「ML 350 BlueTEC 4MATIC Limited for Seven Summits by Ken Noguchi」も発売。登山家・野口健氏とのコラボレーション企画で、売上の一部は清掃活動や地球温暖化の調査などの環境保全活動へ寄付される。

 特別仕様車は、オブシディアンブラック(5台)とカルサイトホワイト(2台)の2色を用意。雪の結晶をイメージしたという専用デザインの20インチ10スポークアルミホイールを装備する。価格は899万円。【岡田大助】

【関連記事】
専用設計のオーディオシステムを搭載した限定10台のベンツCLSクラス
小手先だけのチューニングではない新型ゴルフR
なぜ無酸素で8000メートル峰を登るのか――登山家・小西浩文
南極越冬隊は何を食べているのか――南極越冬隊調理担当・篠原洋一さん(前編)

オーストリアに学ぶこと……それは林業のチカラ(Business Media 誠)
老齢加算廃止、二審も合憲=生活保護受給者の控訴棄却―東京高裁(時事通信)
橋下府知事「大阪市に平松市長1人はおかしい」(産経新聞)
<転落>マンション9階から9歳男児、重傷 東京・足立(毎日新聞)
<普天間問題>鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見(毎日新聞)

<0歳女児虐待>両親を傷害容疑で逮捕、送検…大阪府警(毎日新聞)

 大阪市城東区で両親が生後間もない長女を虐待し、重傷を負わせたとされる事件があり、長女の体重は生後10カ月までの約7カ月間に約30グラムしか増えていなかったことが、大阪府警への取材でわかった。出生時は約3000グラムと健康体で、昨年春ごろの市の健診時には5670グラムと順調に育っていたが、昨年12月は5704グラムしかなかった。府警捜査1課は、健診後の昨年春ごろから、育児放棄(ネグレクト)を含めた虐待が始まった可能性があるとみて、傷害容疑で22日逮捕した両親を追及している。

 府警は23日、父親の三浦訓之(のりゆき)(24)、母親の理恵(24)両容疑者=同区中央3=を大阪地検に送検した。

 両容疑者は昨年8月中旬〜12月中旬、当時0歳の長女に暴行し、頭蓋骨(ずがいこつ)や肋骨(ろっこつ)を折る重傷を負わせた疑いが持たれている。2人とも容疑を否認しているという。厚生労働省によると、生後10カ月までの約7カ月間で女児の体重は約3キロ増える。

【関連ニュース】
長女虐待:0歳時に重傷、24歳両親を逮捕 大阪府警
裁判:娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁
傷害容疑:1歳長女に熱湯 23歳母親逮捕 大阪
小1虐待:母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿
赤ちゃんポスト:設置3年「子にとって虐待」病院側が変化

亀田興毅さんの車接触される=運転中、けが人なし―東京(時事通信)
大雨で1764世帯に避難勧告…兵庫・西脇市(読売新聞)
「あっという間」と野口さん=6月2日、宇宙基地から帰還(時事通信)
機密費使途、前任者から説明受けず=政府答弁書で官房長官(時事通信)
種牛処分「法律に沿ってやる」=ワクチン接種きょう終了―農水相(時事通信)

キャバ嬢から天引きの所得税を脱税 経営者逮捕(産経新聞)

 ホステスの源泉所得税や消費税など約2億8千万円を脱税したとして、東京地検特捜部は6日、所得税法違反(源泉徴収所得税の不納付)と消費税法違反(脱税)などの疑いで、都内で4店舗のクラブなどを経営する「ティーアンドシープロデュース」(東京都豊島区)社長、鈴木武将容疑者(31)を逮捕した。

 特捜部の調べによると、鈴木容疑者は、平成20年6月までの1年半の間に、ホステスに支払った給与から源泉所得税を天引きしたが、うち計約1億6100円を税務署に納付しなかった疑い。また、ホステスの人件費を、消費税の控除対象となる外注費として計上するなどして、20年3月期までの3年間に約1億2100万の消費税を脱税した疑いが持たれている。

【関連記事】
訴訟合戦泥沼化? 脱税疑惑を指摘された眞鍋かをりさんは…
不動産会社が1.5億円脱税 大阪国税局告発
3度目も懲りず?1億円脱税 砂利販売会社を告発 大阪
元イタリア代表マルディーニに脱税疑惑
過激イメージビデオ制作会社が6千万円脱税 東京国税局告発
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<水上バイク事故>行方不明女性 遺体で発見 千葉県東庄町(毎日新聞)
もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
<ミヤコドリ>博多湾で旅支度 愛鳥週間スタート(毎日新聞)
米が徳之島移転に難色=首相、地元と協議継続へ−普天間(時事通信)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)

平等院鳳凰堂 内部をCGで再現 極楽浄土の優美な色彩(産経新聞)

 世界遺産の平等院鳳凰(ほうおう)堂(京都府宇治市)の内部が、コンピューターグラフィックス(CG)で再現され、約950年前の創建当時の繊細で優美な極楽浄土の世界がよみがえった。本尊を安置する須弥壇は、夜光貝を加工した螺鈿(らでん)で装飾され、白壁を空に見立て青の濃淡で表現した豪華絢爛(けんらん)な彩色。17日から平等院で始まった春季特別展で初公開された。8月6日まで。

 再現は、平成16〜21年度に行われた大修理に伴う科学調査や専門家の意見を集約して実施。本尊の阿弥陀如来坐像や長押(なげし)の上にかかる雲中供養菩薩像(52体)などを除いた堂内のカラー写真に、日本画家・馬場良治氏が復元した柱の彩色などを組み込んだ。

 須弥壇の階段は、金粉を混ぜて塗った漆を研ぎ出した下地に、極楽浄土に咲く花・宝相華(ほうそうげ)の文様をちりばめて螺鈿装飾。須弥壇下部の金メッキ部分には、獅子が描かれていたと推定した。

 台座の周囲の床は、昭和期の調査で少量の顔料が見つかったことをもとに群青で統一。手すりは朱色とした。

 一方、現在は3段の白壁となっている長押の上の部分には、雲中供養菩薩像がかけられていることなどから、虚空(こくう)が表現されていたと想定し、いずれも青を基調とした背景にしている。

 人間国宝で漆芸家の北村昭斎氏は「非常に充満した浄土空間を印象づける。彩色とは異なる光沢を伴った螺鈿が重要な意味を持ち、そこで宝相華を表現することで、華やかさが増すことがうかがえる」と話した。

ES細胞で動脈作られる仕組み発見 京大研究チーム(産経新聞)
舛添氏、他の5人は“発射台”?(産経新聞)
エア・ドゥ機、羽田に引き返し緊急着陸(読売新聞)
りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
自由だけど寂しい「おひとりさま」(産経新聞)

共産委員長、結党以来初の訪米へ…NPT会議で(読売新聞)

 共産党の志位委員長は20日の記者会見で、ニューヨークで開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議に参加するため、4月30日から5月8日までの日程で米国を訪問すると発表した。

 共産党トップの訪米は、1922年の結党以来初めて。志位氏はワシントンで、米政府関係者と会談する方向で調整している。

 NPT再検討会議は国連本部で5月3日から始まり、核兵器の拡散防止や核軍縮について協議する。志位氏ら共産党の訪米団は、会議にオブザーバーとして参加するほか、各国代表団と積極的に会談したい考えだ。

 志位氏は記者会見で、「核兵器の無い世界を目指す新たな流れが起こっているさなかに開かれる会議で、大きな歴史的意義を持つ」と訪米の意義を語った。

 共産党はこれまで反米路線を貫いてきたが、今年1月の党大会で「現実・柔軟路線」の一環として米国に友好関係の構築を呼びかけた。志位氏は昨年4月、核廃絶を提唱したオバマ大統領のプラハ演説を評価する書簡を送り、米政府から返書を受け取っている。

<独立行政法人>17独法で海外出張に「支度料」支給(毎日新聞)
大学生らの小型衛星3基公開=「あかつき」に相乗り−宇宙機構(時事通信)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)

民主党、大阪・岡部氏…全3人区に2人擁立(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は14日、大阪市で記者会見し、夏の参院選大阪選挙区(改選定数3)にタレントの岡部まり氏(50)を擁立すると発表した。

 同選挙区では現職の尾立源幸氏に続く2人目の候補者となり、すべての3人区で「2人擁立」を実現した。

 3人区は、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪の5府県だ。民主党は2007年の参院選では、大阪以外の4県で2人を擁立し、全員が当選した。大阪は公明党の地盤が厚く、過去3回の選挙戦は、民主、自民、公明の3党で議席を分け合っている。大阪での2人擁立は初めてだ。

 小沢氏は記者会見で、地元で知名度の高い岡部氏に対し、「今まで手の届かなかった幅広い方々の支援をもらえる」と期待を示した。「たちあがれ日本」など新党結成の影響については、「民主党は政権政党になり、政策を実現できる権限がある。新党が乱立しても支持を得られる」と語った。

 3人区はいずれも男性候補と女性候補の組み合わせとなった。労組などの支持組織を固める一方で、無党派層の支持拡大を狙う戦略だ。今後、東京選挙区(改選定数5)の3人目の擁立を急ぐ。

1億2千万円脱税でビル管理会社社長を告発 東京国税局(産経新聞)
【十字路】静岡で新茶初取引(産経新聞)
「あらゆる可能性オープン」舛添氏、新党に含み(読売新聞)
<最高裁>岡部判事が就任会見 女性で4人目(毎日新聞)
「思い込み」が自分の可能性を制限している!?

生活保護受給者の自殺率、全国平均の倍以上(産経新聞)

 生活保護受給者の自殺率が、10万人当たり62・4人と全国平均の倍以上となっていることが9日、厚生労働省の調査で分かった。生活保護受給者の自殺率は調査した過去3年で増加し続けており、低迷する経済情勢の中、生活弱者が心身共に追いつめられている実態がうかがえる。

 生活保護受給者の生活実態を調べるため厚労省が行った初の調査で、国が国民に保障する最低限度の生活水準について検討している「ナショナルミニマム研究会」に同日、報告した。

 調査結果によると、昨年自殺した生活保護受給者は1045人で、自殺率は10万人当たり62・4人だった。20年は同54・8人、19年は同38・4人だった。全国平均の自殺率は同25人前後で推移しており、生活保護受給者の自殺率は2倍以上となっている。

 厚労省は、生活保護受給者は精神疾患を持つ人の割合が16・4%と、全国平均(2・5%)よりも高いことが背景にあると分析している。年齢別では50代が23・8%と最多で、77・8%が単身世帯だった。動機別では、「健康問題」が最も多く57・8%。次いで「経済・生活問題」(16・4%)だった。

 首都大学東京の岡部卓教授(社会福祉学)は「生活保護受給者は社会とのつながりが希薄になりがち。頼る人もいないため、自殺の出現率は高くなる。国は就労支援と同時に、メンタルのサポートも行うべきだ」と話している。

 一方、生活保護を受けられる可能性のある低所得者のうち、推計で67・9%が受給していないことが判明した。現在、生活保護を受給しているのは108万世帯だが、受給の可能性がありながら受けていない世帯は推定で229万世帯あるという。ただ、この割合は調査方法によって12・6%、31・6%とばらつきが大きく、厚労省は「評価は難しい」としている。

【関連記事】
三重・鈴鹿市が幹部2人を戒告処分 生活保護費を不適正支給
36年間、孤独な介護の果てに… 岩槻介護殺人
給付の“逆転”なぜ? 国民年金より高い生活保護
たまゆら火災 救出3分遅かったら…苦悩と感謝
生活保護費を詐取、大阪の占い師を起訴
「中国内陸部の資源事情とは…?」

悠仁さま お茶の水女子大付属幼稚園へご入園(産経新聞)
「介護サービスの体制整備を」43%、5年で約10ポイント増―内閣府調査(医療介護CBニュース)
「学ぶとは、自分で考えて」=ノーベル賞小林誠氏が講演−神戸大入学式(時事通信)
<児童虐待>施設の保育士や指導員 大阪 (毎日新聞)
<虐待>3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。